アスリート・冒険家たちの"Do Good"を応援します。

poesjnm.exblog.jp ブログトップ

犬ぞりキャンプ de オーロラを探せ!(キャンプ編)

電気、ガス、水道のないロッジでの生活にも慣れた3日目。
いよいよ2泊3日のキャンプへ出発です。

朝食後、1人ずつ4頭の犬の名前を教えてもらい、自分のチームメイトを探してご挨拶。
b0217035_2292687.jpg
私のチーム、Harper & Strider、Shimo & Kathrina

前の2頭はリーダー犬と呼ばれ、人間の指示を聞き分けて判断ができるそう。後ろの2頭は普通の子たち。

ちなみに、指示する言葉は、、、
出発は「okay, let's go!!」、止まれは「ohhh, easy...(低い声で)」、右は「ジー」、左は「ハー」、直進は「staight ahead」、端へ寄るには「go by」・・・ハッキリと、大きな声で、毅然とした態度で。

犬がお昼ご飯を消化する時間(2時間ほど)を待って、いよいよ出発!
ブレーキになっている大きなフックを外して、Okay, let's go!! と言い終わらないうちに、だぁーーーー!!!!!と駆け始めるのはわかっていたので、必死にそりにしがみつきます。

最初の興奮が落ち着いてくると、腸が刺激された犬たちのプー(大)&ピー(小)タイムが始まります。
走っているときでも、もよおしたら引きずられたままでも用をたすため、気付いたらそりを止めます。

人間のように、「止まってる間に私もすませようかしら・・・」とはいかないため、4頭がそれぞれ急にもよおすのを見つけては止め、見つけては止め、、、となかなか足並みは揃いません。

ちなみに、犬によってはチラチラと後ろを見て、目で教えてくれたりもします。これが可愛い・・・。
b0217035_22284851.jpg




私のチームは、4頭とも黒かったため、天気のよいときには余計に暑いらしく、止まると雪の中に向かってズボー!!と突っ込んで行き雪を食べます。これもまた可愛い・・・。

キャンプ地までは、凍ったユーコン河のうえを上流に向かって40km弱。
前述のとおりに、ちょくちょく止まりながら、登り坂ではそりを降りて走って押しながら、約4時間ほどかけて到着しました。

すぐにテントを設営、犬たちにコートを着せ、エサをやり、プー(大)を片付け、自分たちのご飯です。
ご飯はMuktuk Adventureのヒューゴが準備してくます。
チリ出身でサッカー選手だった彼のトークは楽しく、従兄弟が72人いて、出身の街の半分は親戚だとか・・・。
b0217035_224727100.jpgb0217035_22421874.jpgb0217035_22423482.jpg







お水は雪を溶かし、薪には枯れ木を調達、ちょっと申し訳けないですがお手洗いも天然、などのキャンプは初めてで、心配していた寒さもレンタル防寒具が暖かくて問題ありませんでした。

翌朝は氷点下になることが見込まれましたが、レンタルのマイナス50度対応の寝袋はふかふかで暖かく、中に濡れた衣類を入れておくと、朝には乾いてしまうほど。

ポイントは思い切って下着のみになることと、頭まですっぽりかぶること。
しかし、明け方の気温が0度だった2日目の朝、頭までかぶっていたらゆでダコになりそうでした。
すごい威力です。

2日目は見晴らしのいい場所までお出かけ。
この景色を見ながらホットドッグを食べて、お昼寝をして、とっても寛いだひととき。。。
b0217035_23134584.jpg

この時点では、犬たちの特徴・癖・性格など、みんなが「我が子自慢」状態になってます。
皆と一緒だとご飯が食べられない、喧嘩してしまう、ご飯をこぼして食べるのが好き、こうしたら喜ぶ、走っているときにこんなことをした、、、話はまったく尽きません。

登り坂にそりを押して走っているため、お腹もすくし、夜はぐっすり眠れます。
あっという間に2泊は経過・・・やっと犬たちとタイミングが合ってきた気がしたのになぁ。
b0217035_23355598.jpg












ずーーーっと見ていたこの後ろ姿が目に焼き付いている。。



オーロラ編へ続く。
[PR]
# by piece_of_earth | 2012-04-22 00:03 | やってみました

犬ぞりキャンプ de オーロラを探せ!

雪が降ると心が踊る。

雪かきをしたり、雪ダルマや雪の滑り台を作ったり、雪合戦をしたりした思いでもあるがそれだけじゃない。

雪はあふれかえる音を吸収し、その白さは初心を思い出させてくれる。
何よりも、しんしんと降り積もっていく様に、たくさんの自然からのメッセージが込められている気がする。

だから冬になると、静かに、少しずつ、しんしんと、淡々と、コンコンと・・・積もっていく雪が恋しくなる。



=====
のりこです。
雪を求めて、カナダ・ホワイトホースに行ってまいりました。

カナダの西端、アラスカの隣に位置するユーコン準州の州都であり、毎年2月に行われる1,600kmの犬ぞりレース「YUKON QUEST <http://yukonquest.com/>」のスタート地です。

3月末、北米にも春はやってきていました。
Yukon Questのコースにもなっているユーコン河も少しずつ溶けはじめて、さわやかな日差しとともにせせらぐ水音が戻りつつありました。夏にはカヤックによる川下りも楽しめます。
b0217035_21354325.jpg
photo by Maya

しかし、今回の目的は川下りではなく、”犬ぞり、キャンプ、オーロラ”です。
お世話になったのは、地球探検隊 <http://www.expl.co.jp/corp/index.html> と MUKTUK ADVENTURE <http://www.muktuk.com/> の皆様。

3月24日~31日の6泊8日のツアーへの参加者は9名、POEイベントでもお世話になっているRYOKOさん(ブログ:青の洞窟)が誘ってくださいました。


ホワイトホース市内から車で40分ほどの場所に、Muktuk Adventureはあります。
"Yukon Questの伝説"と呼ばれるフランク・ターナーさんが経営するロッジで、100頭以上の犬達が暮らします。
犬ぞりレースにも出場している現役の犬たちは、じっと走るとき(&ご飯)を待っていました。
b0217035_21323464.jpg


最初の1日半で、防寒具の支給、ロッジのルール説明、犬への餌やり、犬のフンの始末、犬ぞりの使い方、犬への指示のだしかた、犬をそりにつなぐ方法、キャンプ用テント設営&片付けと盛りだくさんに学びます。
b0217035_21201619.jpgb0217035_21202983.jpgb0217035_21124725.jpg












2日目の午後には、2人ずつ乗った犬ぞりで早速のテストライド。犬は6頭です。
走りたくて仕方のない犬たちは、出発組も居残り組もテンションMAXになって大騒ぎになります。

テンションがあがった犬の力は大変なもので、犬小屋からそりまでの数メートルだけでも、首輪を持って連れて行くまでの間に引きずられてしまうため、かなりの緊張が走ります。
よく慣れた犬たちは、私たちに襲いかかることはありませんが、100頭もいると相性の悪いこともあり、喧嘩になるとケガさせてしまうことがあるのです。

b0217035_21141440.jpg実際に、出発直前の喧嘩でケガをしてしまい、しばらく走れなくなった犬もいました。
これは人間がしっかりと管理していれば防げることであり、犬たちにとっては不幸な出来事です。

ロッジにいる間は、Muktukのメンバー7~8名が見守っていて素早くお手伝いをしてくれますが、キャンプへは2名のスタッフのみ。対して10人分の犬が40頭います。

みんな、大丈夫かなぁ~と不安も口にしつつも、すでに数回のご飯をあげてお気に入りの犬もできていたため、どの犬とチームになるのかワクワクしながら、キャンプ出発の日を待ちました。

photo by Toshi


キャンプ編へつづく。


b0217035_21133490.jpgb0217035_21224929.jpgb0217035_21131299.jpg
[PR]
# by piece_of_earth | 2012-04-21 22:52 | やってみました

piece of earth 新年会 @るちあ

気がつけば、もう1月も半ばにさしかかりました。
遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願い致します。
2012年は、明るい光に満ち溢れた年となりますように。

piece of earth 2012年のイベント第一弾として新年会を開催しました。

会場は、昨年末の伊南川打ち上げでもお世話になった「るちあ」です。

走ることに興味があるということだけが共通点で、その他は年齢も職業も様々な方がなんと40名以上も
集まってくださいました。
今回の趣旨は、楽しくしゃべって食べて飲む。特に企画は用意していません。
ただ、piece of earthの活動の原動力となった方々のお話は、興味深すぎて聞かないのは損。
ということで、スピーチをお願いしました!

★日本ウルトラマラソン界の伝道師、海宝道義さん。
数々のレースを主催されている「海宝ロードランニング」の代表者でもあります。
http://www.kaiho.info/

★プロ・アドヴェンチャーランナーであり、Peace Run代表の高繁勝彦さん。
2011年は、アメリカ大陸5000キロを単独横断されました。
http://kaytaka.blog35.fc2.com/page-1.html
http://www.peace-run.com/


★2010年24時間走の世界チャンピオン井上真悟さん。
井上さんの存在が、私達piece of earth発足のきっかけとなりました。走ることへの真摯な熱い想いを語って下さいました。
http://motto77777.blog51.fc2.com/

★アドベンチャーレーサーの和木香織利さん。
国内唯一のアドベンチャーレースチーム「Team EAST WIND」の一員として、今年もPatagoniaでの過酷なレースに参加されます。最近では女性誌「FRAU」にご登場です!
http://kaywaki.blogspot.com/
http://www.east-wind.jp/


★日本砂漠マラソン界の第一人者、樺澤秀近さん。
サハラ・アタカマ・ゴビ砂漠を走破し、今年はなんと南極です!!
http://adventure1973.blog.shinobi.jp/

★Hikki Organic LabelのCEOであり、数々のエコマラソンを主催されているユルゲン・ウィッツシュトックさん。
国内でも、これだけエコロジーを徹底して心がけている大会は他には無いのではないでしょうか。参加してみたいです。
http://www.hikiki-organic-label.jp/hikiki_profile.html
http://runningintokyo.com/


★アラスカをこよなく愛する極北アドベンチャー企画プロデューサー、青崎涼子さん。
ユーコンでの犬ぞりキャンプなど魅惑のツアーを企画されており、グローバルにご活躍されています。
現在発売中の「ランドネ」に犬ぞりの記事が出ています。
http://aonodokutsu.blogspot.com/

★走る.jp 主催者のやまだひろしさん。裸足ランナーとして、数々のウルトラマラソン等ですばらしい成績を残されています。そして、それらの大会では「人と人とのつながり」をとても大切にされています!
http://hashiru.jp/

★そして、最後に高繁さんの応援ソングを歌われている「励まし屋」さんの楽曲紹介。
一歩前に進ませてくれるパワーのある曲です。
http://www.hagemashiya.com/

b0217035_14211285.jpgb0217035_14215557.jpg










その他にもたくさんお話を伺いたい方がいましたが、今回は時間が足りず。
またの機会に是非お願いしたいです。

こんな感じで2012年の幕開けは大いに盛り上がりました。
piece of earthは、更に多くの方々と触れ合うことで今まで知らなかったことを吸収し視野を広げ、アスリートや冒険家たちの"Do Good"を応援していこうと思います。
そして、私達自身も大いに動きまわり、新たなことにチャレンジをします!

どうぞ、今年もお付き合いください♪

piece of earth 一同
[PR]
# by piece_of_earth | 2012-01-16 19:04 | レポート

2011年 児童養護施設へのプレゼント発送

今年も残りわずかとなりました。

2011年は、自然の猛威に触れることの多い一年でした。震災にあわれた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

2010年末に、ウルトラランナー井上真悟さんの東京―青森800KM単独ラン「地球のかけらを世界へ届けに」の企画を発端に集った4人。わたしたちはこの活動で沢山の力をもらいました。井上さんの挑戦は、東北の5つの児童養護施設を訪問しながら、単独「走って」本州最北端の地を目指すというもの。この実施によって、沢山の新たな素敵な出会いがありました。

そして、その3ヶ月後の2011年3月11日。東北地方は大震災に襲われました。この震災をきっかけに、井上さんとわたしたちは2つの企画を立ち上げました。1つ目は誰にでもできる身近な「リスクマネジメント講習」。そして、走ることによって浮かせた電車賃を募金するというTOF - Transportation On Footです。リスクマネジメント講習では、冒険家、ランナー、など自然を愛する沢山の方々に講師として参加いただきました。そして、日頃から有事の対策を学ぶという趣旨に賛同し、沢山の方にご参加いただくことができました。

メンバーは、それぞれが継続して行うことができる範囲で、東北でのボランティア活動も行いました。

初夏&夏には、アドベンチャーランナーやランナーのみなさんとのイベント開催により、みなさんから支援金をお預かりすることができ、今年も児童養護施設の230人の子供たちにクッキーのプレゼントを行うことができました。初冬には、児童養護施設の現状とわたしたちにできること、について書かれた書籍「働きながら、社会を変える」慎泰俊氏 (英治出版)の販売促進イベントに参加しました。(*印税分は、すべて児童養護施設に寄付されます。)

b0217035_23295144.jpg
b0217035_23302072.jpg









スポーツアクティビティーとしては、それぞれが経験と体力あわせて、さまざまなイベントに参加しました。4人で参加した初めての「ロげイニング」は、わたしたちならではの珍道中でしたし、この他、ウルトラマラソン、トレイルランなどのイベントを通して素敵な出会いがありました。このブログでも紹介のレポートを行っています!

2012年も、piece of earthメンバーらしく楽しく前向きに新たな挑戦をしていきたいと思っています。今年の出会いに感謝しつつ、来年もどうぞよろしくお願いいたします!

皆さまにとって素敵な年になりますように。


b0217035_23304487.jpg


piece of earth  メンバー 一同
[PR]
# by piece_of_earth | 2011-12-31 23:32 | レポート

ウルトラランナー集合!伊南川ウルトラ遠足お疲れ様会@東京

「ウルトラマラソン」という世界があることを知ったのは、ちょうど去年の今頃。
42.195Kmの先があるの!?と聞いて目を白黒させていた私たちは、一年の間、
沢山の素敵な方々に出会って、いろいろな経験をしてきたなかで、自分たちの足で
ウルトラ=100kmに挑戦するまでになりました。

そして、初のウルトラ挑戦となった「伊南川100Kmウルトラ遠足」から約1ヶ月後の
11/18(金)原宿のおいしい和食料理店にておつかれさま会が開催されました。

集まったメンバーは、伊南川を走ったメンバー、今回は予定があわず、来年の参加を
目指す方、そしてメインゲストは主催者の海宝道義さん!

piece of earth のメンバーは、初めての伊南川100kmにて、日本各地の
素敵な場所で地元密着型でレースを主催していらっしゃる海宝さんのレースに
すっかり魅了され、是非是非もっとお話してみたい!という想いから、実現しました。

ウルトラランナーとしての輝かしい走歴はもちろんのこと、国内外のウルトラマラソンの
大会開催をされている海宝さんのお話は、一同「なるほど!」とうなるものが多く、
ここに、そもそもの「いいだしっぺ」の涼子さんと書き留めた、海「宝」さんならではの
おタカラ語録を掲載します。
(注)本当の「いいだっしっぺ」は吉成さんであることが判明していますが。。。


*ウルトラで脚を痛めるランナーは、脚を伸ばし過ぎ。膝を曲げつつ走ること。
着地は足裏全体で。走法はASIMOに学べ。


*ここがゴール、と思うからそこでレースは終わる。フルマラソンをゴールとしたら
そこで気持ちが終わり、痛み、辛さが出てくるが、100キロゴールでは42キロは通過点でしかない。


*人は見ている人がいると頑張れる。だから応援が大きな力になる。メディアやネットが未発達の昔は
自分の頑張りを発信する術は無かった。
でも想いがあれば人の目は、関係ない。強い想いがあれば目標を達成できる。


*ウルトラマラソンは心を育てる。ウルトラでは、たくさんのありがとうがある。
その人の人生観がわかるイベントである。


*フルマラソンは、通過点。フルマラソンが走れれば、ウルトラは完走できる。

*選手時代には歯を食いしばりすぎて奥歯6本を失った。やっぱり身体にとっては悪い事。
なのにチャレンジしてしまうのは、心にとても良いことだから。

*そしてゴールでは、みんな最高の笑顔になる!


でも、極めつけのありがたい語録は「でも、僕もまだ走るのは好きじゃない」(笑)
これだけ走っていらっしゃる海宝さんから言われると、一同大笑いなのです。
でも、走り始めると、その楽しさ、充足感があり「また走りたい」って思うのですよね。

ここには記載していない沢山の楽しい話題があった夜でした。


お店は、料理長ご自身もランナーである、「新和食 るちあ」さん@原宿。
最後のひと時は、風間シェフもご一緒いただきウルトラ談義に花を咲かせていました。
http://www.shin-lucia.com/

海宝道義さんの魅力的なウルトラの大会はこちらから
http://www.kaiho.info/
海宝さんは、燻製作り・うどん作りも本格的に取り組まれています。
そして、日本かりんとう振興協会副会長!です。
新しいかりんとうを見つけた方は、是非日本かりんとう振興協会にご報告お願いします!

伊南川でお世話になった、あったかいお宿 田吾‘‘作
http://tagosaku-ina.com/index.html
山好きのおじいちゃまが収穫した山菜やキノコをふんだんに使った、お料理上手の
おばあちゃまの手料理を存分に味わうことができます。雪の伊南川にも行ってみたい!

そもそもの言いだしっぺ?ウルトラランナーであり、お料理もされる吉成さんの記事(チャレンジの日曜日)
http://portal.nifty.com/kiji/111118150748_1.htm
伊南川のエイド中継もあります!
http://dpz06.cocolog-nifty.com/100k/

アドベンチャー&トレッキング通訳ガイド青崎涼子さんのブログ
http://aonodokutsu.blogspot.com/

「車を捨てよ、街を出よう。厳しくも美しい地球の光景に出会うために。」

(素敵です!)

reported by じゅんこ & さやか
[PR]
# by piece_of_earth | 2011-11-21 13:06 | レポート
line

究極ランナー・アスリート・冒険家たちのDo Good!を応援!


by piece_of_earth
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31