アスリート・冒険家たちの"Do Good"を応援します。

poesjnm.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

<レポート>5月21日(土) 第5回リスクマネジメント講習@奥多摩

新緑がまぶしく感じるお天気に恵まれた土曜日、
奥多摩で第5回リスクマネジメント講習会を開催いたしました。


今回は「地図読み in 奥多摩」by 樺沢秀近さん(アドベンチャーランナー)

- - - - -

参加者は全部で14名。
Twitter、ブログ、クチコミで集まってくださった方々は走力も山経験もコンパス知識もバラバラ。

しかし、そんなことまったく問題ありません!

なぜなら・・・
樺澤さんが、出発前に基本をしっかり復習してくださったこと、さらには・・・
和木香織利さん(アドベンチャーレーサー)という力強いアシスタントが来てくださったから!
b0217035_23401543.jpg

■配布された地図は2種類
1)地形図(1/25,000)の武蔵御岳
2)山と高原地図(1/50,000)の「奥多摩」の一部

それぞれの縮尺、等高線の間隔と見方、実際の北方向と地図の北の合わせ方(正地)、コンパスを使った進行方向の確認、等を一つ一つ丁寧に教えてもらってからいざ出発です。
b0217035_23415760.jpgb0217035_08253.jpgb0217035_020337.jpgb0217035_02368.jpg





■最初の目的地、三室山
ここで、さらに地形図の読み方を教わります。

「山頂」=等高線が丸くなっているところ、高い山の場合には標高の記載がある
「尾根」=山頂とは反対方向に突き出した形
「沢」=山頂に向って突き出した形

地図を見て、実際の地形を見て、を繰り返すことでその違いを理解していきます。


■ライン・オリエンティーリング
1)樺澤さんと和木さんが相談して目標の場所を決め、
2)和木さんが先行して出発し、その場所で待ち、
3)2〜3人ずつグループを作り、数分間隔で地図を見ながら出発
4)和木さんと出会ったら、その場所が地図上のどこなのかを回答

これを2回実施しましたが、とてもむずかしい・・・。
尾根も沢も「ぽい」ものがたくさんあるうえに、見逃してしまうような微妙なところもたくさん。
相当注意して見ていないと通り過ぎてしまいます。

1回目はわかりやすい目印の「送電線」があったものの、2回目は「沢」や「尾根」を
数えながら進まなければならず、正解したのは1チームだけでした。
b0217035_0343161.jpgb0217035_036555.jpgb0217035_23433085.jpgb0217035_0465183.jpgb0217035_052495.jpg




■現在地の確認
ライン・オリエンテーリングを終え、みんなが油断したところで、樺澤さんが立ち止まって
「さて、ここはどこでしょうか?」というお題が!

あとは温泉に向うだけと地図をしまっていた参加者もいたのでビックリ(私だけ?)しながら、
必死で周囲を見渡します。

左後ろに尾根がある、左側は崖、道は崖に沿って左斜め前方へ続いている、正面には少し小高くなった場所が・・・で、一体ここはどこ???
一人ずつ樺澤さんに打ち明けてみるも、正解者は数名でした。。


- - - - -
■お昼休憩は、途中の日の出山頂上で
山に慣れた男性2名は、テキパキとグッズを出して沸かしたてコーヒーを飲んでいたり。
b0217035_23472433.jpgb0217035_2348519.jpg





和木さんのパタゴニアレースの模様を聞いたり。疲れてお昼寝したり。。
b0217035_23523911.jpgb0217035_23504675.jpg






最後は奥多摩駅手前の「もえぎの湯」で解散。


■今回のチャリティー総額は、15,780円でした。近日中にモンベルのアウトドア義援隊へお届けいたします。
集合場所まで一駅をジョギングすることで、プラス130円の募金をくださったPancakeの皆様、ありがとうございました!
b0217035_23544668.jpg


- - - - -
■ご紹介
・Patagonia Expedition RaceのHP
http://www.patagonianexpeditionrace.com/en/about_race.php

・East WindのHP
http://www.east-wind.jp/

・和木さんのブログ
http://kaywaki.seesaa.net/

・樺澤さんのブログ
http://www.adventure-runner.com/

・ロゲイニングチャレンジ菅平高原大会2011
http://www.adventure-runner.com/~rogaine/rogaine/index.html

※piece of earthメンバー4人は、来月このロゲイニングにチャレンジします!

- - - - -
講師の樺澤さん、和木さん、楽しく勉強になる時間をありがとうございました。

そしてそして、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

またお会いできるのを楽しみにしております。

のりこ&まりこ (photo)

b0217035_1573355.jpg

[PR]
by piece_of_earth | 2011-05-22 22:22 | レポート

6月4日(土) アタカマクロッシング報告会@四谷

2011年3月にチリのアタカマ砂漠でおこなわれたランニングレース。出場者による報告会のお知らせです。
--------
b0217035_211869.jpg

                      "7 DAYS, 250KM, SELF-SUPPORTED"

世界で最も過酷な場所のひとつに数えられる砂漠を7日間かけて250kmを走り抜ける。しかも、その間生きるために必要な物は全て自分の背中に背負って。

・・・普通の人には想像もつかない世界を、実際に出場し素晴らしい成績を残されたランナーたちからお聞きする機会を設けました。南米料理を食べフォルクローレを聴きながら、灼熱の砂漠に思いを馳せてみませんか?

このpiece of earth ブログではすっかりお馴染みの樺澤さん。アタカマのレースでは、日本人最高位の9位という素晴らしい成績を残されました。樺澤さん発案のこの企画には、スペシャルゲストとして同じくレースを完走された他の選手の方々も参加されます。間違いなく、面白いお話が聞けるはず!

**本イベントは、参加費の一部を震災チャリティーとして寄付に回させていただきます**

【開催日】 2011年6月4日(土)
【時  間】 19:00~22:00
【場  所】 東京都新宿区四谷4-8 ライオンズ四谷タワーゲート
【募集人数】 30名
    *事前申し込み制です。お申込みされた方にメールにて当日の集合についてご連絡差し上げます。
【参加費】 2000円(うち500円震災チャリティ)
【申込方法】
お申し込みの際は、下記のようにメールをお送りください。
件名:アタカマ報告会
送信先:kabasawa■adventure-runner.com (■を@に変えてください)
本文に氏名、メールアドレス、当日連絡の取れる携帯番号、を記載してお送りください。

更に詳しい情報については、樺澤さんのブログをご覧ください。
http://www.adventure-runner.com/
詳細資料(PDF)
http://www.adventure-runner.com/etc/atacama20110604.pdf

皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

まりこ
[PR]
by piece_of_earth | 2011-05-17 02:36 | おしらせ

モンベル アウトドア義損隊へ寄付完了!

大変遅くなりましたが、5月8日の防災リスクマネジメント講習会でお預かりした7100円を、モンベル恵比寿店に寄付してまいりました!

まずは、エントランスで迎えてくれたのは、このイケメン義損隊員!

b0217035_2345459.jpg




「おつかれさまです!」


そして、皆さまからお預かりした金額を、募金箱へ。

公共の交通手段に頼らず、走って&歩いて節約できた金額をチャリティーとするこの企画。自然と、たくさんの硬貨が集まります。たくさんの硬貨&活動に賛同いただきお預かりした義捐金を募金箱に入れることができます。

b0217035_234564.jpg



今回は、紙封筒になっちゃいましたが、次回は絶対に「募金袋」を作るぞ!思いました。
移動も多いので、募金箱はちょっと使い勝手が悪いので「募金袋」次回までには頑張ります!

みなさま、たくさんのお気持ちありがとうございました。


reported by さやか
[PR]
by piece_of_earth | 2011-05-11 02:32 | レポート

5月21日(土) 第5回リスクマネジメント講習@奥多摩

第5回目開催のお知らせです。
「アウトドアエキスパート・アスリートから学ぶリスクマネジメント講習」
- - - - - - - - - -

今回は、第3回で登場いただいた砂漠ランナーの樺澤さんを再度お迎えして
「地図読み講習 in 奥多摩」です。


【内容】
第3回目ではコンパスを使った地図読みの基礎を習いました。今回は実際に山の中でその知識を活かしてみましょう。
現在地を確認し、次の目的地までの道のりを自らの手で地図から読み取って進む。矢印や看板に頼らないで、山の魅力を味わってみましょう。

コースは日の出山・御岳山を通り奥多摩駅を目指します。奥多摩駅までは標準コースタイムで6時間の道のりです。
時間や体力と相談し別の駅へ下山することもあり得ます。地図読みだけではなくエスケープルートの設定や判断も含めた総合的な野外活動を実施します。
基本的には歩いて移動するため、どなたでもご参加いただけます。

※雨天決行(出発前に皆様の持参された装備を確認、危険のない範囲で山を楽しめるコース設定を全員で相談しましょう。)
 山に入れないほどの悪天候の場合、20日夜10時までにメールでご連絡します。

【講師】
樺澤秀近@砂漠ランナー

【日程】5月21日(土)AM8:30~16:00(終了時刻は予定)
【集合場所】青梅線・日向和田駅 改札
【解散場所】青梅線・奥多摩駅 改札(予定:別の駅に下山する可能性あり)

【参加対象】
防災リスクマネジメントにご興味のあるスポーツ愛好家ならばどなたでも。
ただし、下記イベント参加条件に同意いただけること。

【イベント参加条件】
1)下記の情報をイベント前日までにお知らせいただけること
①氏名、②年齢、③携帯電話番号、④緊急時の連絡先、⑤常用薬の有無、⑥ハチ刺されの経験の有無(ハチに2度目に刺されるとショック症状が出る場合があります)、⑦日ごろの運動量(毎日30分歩いてます・週に3日ジョギングしています、等々)

2)中学生以下は保護者同伴であること

3)当イベントは野外活動でのリスクを理解し自己責任を負えることを前提としているため、傷害保険等が必要と思われる方は必ず各自で事前にご加入いただくこと。

【申込方法】
1)piece.of.earth.2010@gmail.com 宛に①~⑦の情報をご連絡いただく
2)Twitter(@piece_of_earth)でダイレクトメールでご連絡いただく(開催前日までには①~⑦の情報を別途お知らせいただくことになります)

【申込期間】
2011年5月13日(金)~18日(水)

【定員】
15名(先着順)

【持ち物】
リュックサック (両手が自由になること、荷物は自身で全部ゴールまで背負う)
飲み物 (1リットル程度)
昼食 (オニギリやパン等を食べやすい形態で)
雨具/防寒具 (山の天気は変わりやすい)
コンパス (お持ちなら)
タオル
着替え他 (奥多摩駅へ到達できた場合、「もえぎの湯」に入浴可能)
筆記用具
健康保険証

【服装】
動きやすい服装 (速乾性の素材で、肌の露出控えめを推奨。綿素材は汗や雨が乾きにくく悪天候下で低体温症になりやすいため避けてください)
運動靴 (ジョギングシューズ、スニーカー、トレランシューズ等、登山靴でもOK)
帽子/サングラス/手袋 (お持ちなら)

【参加費】
1,090円 (御岳山ケーブルカー往復代金と同額)
※今回のイベントにおいて集まった参加費は責任を持って全額、現在震災地にて復興活動を行なっている「mont-bell震災支援アウトドア義援隊」へ寄付させていただきます。

【お問い合わせ】
1)piece.of.earth.2010@gmail.com 宛にメール
2)Twitter(@piece_of_earth)にダイレクトメール

※今後のイベントについてはブログ(http://poesjnm.exblog.jp/)とTwitterで告知しますが、メールでの個別連絡を希望される場合にも上記までお知らせください。
- - - - - - - - - -


みなさまとお会いできるのを楽しみにしております。

のりこ
[PR]
by piece_of_earth | 2011-05-11 00:00 | おしらせ

5月8日(日)第4回リスクマネジメント講習@神宮外苑

さわやかに晴れたゴールデンウィーク締めくくりの日曜日(母の日!)
走って浮いた交通費を被災地義援金へ Transportation on Foot(TOF) 第4回目のリスクマネジメント講習は瀬ノ尾敬済選手を講師に迎えて

- - - - - 

都心部は快晴!今日は、大人9名 キッズ5名 (スタッフ除く)最も沢山の方のご参加をいただきました!講習は時間がないけれど、、、とランニングの合間にお寄りいただき、「電車賃分のチャリティー」に参加いただいた方もいらっしゃいました。中野区から走ってきてくださったランナー男性の方、ありがとうございました。

講習会は、まずは集まったメンバーの自己紹介と「どこから走って/歩いてきたか」、「安全に到着したが、帰路で想定されるリスクについて」を発表しながらなごやかに始まります。毎回ご参加いただいている、ジュニアランニングクラブのキッズとお母様や、初めて参加される方、年齢層の幅もあり、様々な意見が飛び交いました。

雰囲気もほぐれてきたところで、本日の講師、大陸横断ウルトラランナー瀬ノ尾敬済選手のワイルドなランナーとしてのご経験をお話いただきます。

b0217035_21392041.jpg


瀬ノ尾選手は、アメリカ大陸横断レース5000KM、オーストラリア大陸2400KM、ヨーロッパ縦断4500KMの距離を走り抜いた強者ランナーです。そんな、瀬ノ尾さんのお話を地図に距離を記載しながら伺います。走ってきた距離を、地図上で図示できるなんて、本当にすごいです。

でも、そんな強者瀬ノ尾選手も、アメリカ横断レースに挑戦したきっかけは、大学時代の挫折経験が理由でした。もともとはブラスバンド部に所属していた瀬ノ尾選手、ひょんなことから中学時代に陸上競技を始め、そこからめきめきと成績をのばしていったそう。高校時代は、県大会での活躍や、神奈川県育ちだったため「大学対抗箱根駅伝」には思い入れが深く、大学に入って駅伝で活躍することを夢見ていました。ところが、大学の駅伝部に揃ったメンバーは、だれもが全国レベルのランナーたち。ここで瀬ノ尾さんは駅伝を走ることができず、この経験をバネに発想をかえてアメリカ大陸横断を決意しました。

何故アメリカ大陸横断だったか?それは、そもそも箱根駅伝が開催されることになったきっかけは、 "アメリカ大陸横断の選考会会場"としてだったからとのこと。箱根駅伝は走れなかったけど、大陸横断を実現することで何かを掴みたい、と考えてのスタートでした。

アメリカ横断レースは、砂漠では800M毎に(!)500MLのペットボトルを2本飲み干してしまう位の熱さと乾燥と戦いながら、時には4000M(富士山より高い!)の山を越えて71日間走り続けて無事に完走を果たしました。快挙。

ここから、大陸縦断のランが始まります。気合いで完走したアメリカの次は、単独オーストラリア大陸縦断。ここでは、充分準備をしたにも関わらず、現地での想定外の気温などのトラブルに見舞われ、対処しながらのランが続きました。オーストラリア横断では、自身ですべての食料、飲料、寝袋などの物資を運ぶ必要があったため、ランニング用のベビーカーを押しながらの60日間でした。


そして、2008年のヨーロッパ縦断では、これまでの長距離連続走行の経験を生かして瀬ノ尾選手はある作戦をたて、結果として総合2位という好成績でレースを終えました!その作戦とは、「レース中に、足腰作りをしながら走る」というもの。そのため、レース中盤まではペースをあげず、連続で走れるための足ならしとし、後半に充分身体が慣れたところから勝負にでました。60日間のランで、疲れがどんどん溜まっていきそうなところ、30日目までは「アップ」のように走る。。。参加者からはどよめきの声が起こりました。

b0217035_2210950.jpg


でも、強者ランナーもレース中に考えていることは、1)怪我をしないこと、2)楽しむこと、3)食べる(栄養補給をすること)。これは、大陸横断ランナーにも市民ランナーにも共通する大事なことです。

瀬ノ尾選手は、大変な距離を駆け抜けている若きランナーですが、話をしているその姿は実にさわやかで、自分と戦いながら数ヶ月も走り続けるランナーのようには見えません。お酒もお好きなようですし(!?)参加者は、そのギャップにも魅了されました。

瀬ノ尾選手の話をうけ、主催者の井上真悟さんからも、怪我なく、無理なく、自分が関心を持って続けれられることを行い、そしてその活動を自分のため+人のためにいかしていこうというお話をいただきました。

最後はみんなで記念写真撮影。

b0217035_2224021.jpg


今回のチャリティー総額は、7100円でした。沢山のお気持ちありがとうございます。こちらは、明日モンベルのアウトドア義援隊に責任を持って届けます。

次回は、5月21日(土)
先日講師をいただいた、アドベンチャーランナー、樺澤さんによる山での講座です。
次回のみ、場所が変わります!詳細は別途このブログでお伝えいたします。

■次回講師・アドベンチャーランナー樺澤さんのブログ:
http://www.adventure-runner.com/

■発案者・ウルトラランナー井上真悟さんブログ:
http://motto77777.blog51.fc2.com/

reported by さやか
[PR]
by piece_of_earth | 2011-05-08 22:28 | レポート

5月8日 リスクマネジメント講習@神宮外苑

第四回目開催のお知らせです。
今回は、世界を駆け抜けるタフな大陸横断ランナーの登場です。週末の神宮外苑でお会いしましょう!


「アウトドアエキスパート・アスリートから学ぶリスクマネージメント講習」

【日程】5月8日(日)AM10:00~11:30
【場所】渋谷区明治神宮外苑内・聖徳記念絵画館前
【参加対象】市民ランナーに限らず防災リスクマネジメントにご興味のあるスポーツ愛好家ならばどなたでも。
(年齢制限・小学3年生以上)

【内容】第4回となる今回はゲスト講師に大陸横断ランナー瀬ノ尾敬済選手をお迎えし、過酷なランニング体験から私たち市民ランナーに共通する危機管理についてを学びます。イベント自体は座学中心を予定しており体力を使うものではありませんのでご安心ください。

【講師プロフィール】
瀬ノ尾 敬済 1982年 神奈川生まれ
・2003年 アメリカ大陸横断5000kmレース「ランアクロスアメリカ」完走
・2006年 オーストラリア単独2400kmランニング
・2009年 ヨーロッパ縦断4500kmレース「トランスヨーロッパ」準優勝
ランニングによる世界五大陸横断を目標に現在も活動中。

【イベント参加条件】
イベント会場までの交通手段として徒歩・ランニング・自転車のいずれかの手段を組み込むこと。
(ご自宅からの全ての経路が難しければ一部のみでも結構です)
イベント参加の事前申込は不要です。

【参加費】
上記の手段によって節約することのできた交通費(自己申告で結構です)
※今回のイベントにおいて集まった参加費は責任を持って全額、現在震災地にて復興活動を行なっている「mont-bell震災支援アウトドア義援隊」へ寄付させていただきます。

イベント趣旨をご理解の上でのご参加を心からお待ちしています。


わたしたちの身近で支援活動をしてり「モンベルアウトドア義援隊」の
活動報告は、以下ホームページからご覧いただくことができます。

http://about.montbell.jp/release/disp.php?infomation_id=147

日々の生活&トレーニングに生かすことができ、支援にもつながる講習への
ご参加心よりお待ちしています!
[PR]
by piece_of_earth | 2011-05-04 23:19 | おしらせ
line

究極ランナー・アスリート・冒険家たちのDo Good!を応援!


by piece_of_earth
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31