アスリート・冒険家たちの"Do Good"を応援します。

poesjnm.exblog.jp ブログトップ

2011年10月22日 『伊南川100kmウルトラ遠足』 恐怖の下り

<第6章>

いえいえ、順調とは言えません。

まりこと同様30Kmを超えた地点から沼山峠までしばし山道が続いたことでどんなに救われたことか。。

雨で湿った木々のアロマで疲れはじめた身体も少し回復。早いピッチで進む、埼玉からいらしたベテランランナーの男性を勝手にペーサーとさせて頂きついて行く。その方が振り向いて「ワンダーフォーゲル部?」と話しかけて下さったことから、実は走るより山を登ることが好きなんです。なんて会話を始め、夏の剣岳の思い出話やら。その先ずいぶん楽しく山歩きをさせていただきました。

初ウルトラの私に沢山アドバイスを下さって本当に感謝です。中でも峠を越えた後のロードの激下り区間。ウルトラはこの段階から重力に任せて下ってしまうと脚が持たない。しっかりと力をこめてスピードを制御すること。トレイルでは重力に任せはずみを利用して駆け降りる事が多いので、このアドバイスは非常に有益でした。

こうしてベテランさんが初心者にアドバイスをくれながら一緒に走る。これもウルトラならではの光景です。レースではなく共に旅をする仲間なんだ。そんな気にさせてくれます。

さて、重力に負けて下ってしまったのは私のお腹。その頃には大分雨脚も強まり、びしょ濡れで冷えたのもあったのでしょう。中間点を越えた53kmまでそれはそれは辛い下りでした。せっかくできた旅の仲間にも「先に行って下さい。。」途中追い抜いて行かれる方も、下りなのに苦渋の表情の私を心配して声をかけて下さいます。

実はゴールよりもこの中間地点に到達した時が最も安堵感をかみしめた瞬間でした。日ごろ胃腸と肝臓だけは強いと自負している私。お腹を壊したときの対処策が十分ではありませんでした。いっそこのままやめてしまおうか。。本気で考えましたが「腹を下して棄権」この文字が頭をぐるぐる。。そんなトラウマを背負って生きるのは悔しすぎ。気を取り直して頑張ることにします。

いつのまにか顔をだしたお日様。ここで靴から帽子まで全身着替えてさっぱり出来たのが良かった。乾いたシューズのありがたさをかみしめます。既に自己最長距離を更新中。大丈夫。大丈夫。


b0217035_016249.jpg
暖かいトン汁と、本当は3つくらい食べたいおにぎり。後々苦しむ予感がして1つに我慢。そう。ウルトラにおける下りは「自制心」ってことで。さあ、行けるところまで頑張ろう。

















この先60Km地点を越えて始まる後半の峠まで、ただひたすらにエイド=トイレを目指して進みます。途中『ミニ尾瀬』で寛大にもお腹の薬を2錠も分けて下さった、東京からいらしたペアルックの素敵なご夫妻。とても軽快に進まれてその後お会い出来なかったのですが、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

(つづく)

<第6章終わり reported by じゅんこ>
[PR]
by piece_of_earth | 2011-11-02 00:33 | レポート
line

究極ランナー・アスリート・冒険家たちのDo Good!を応援!


by piece_of_earth
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30