アスリート・冒険家たちの"Do Good"を応援します。

poesjnm.exblog.jp ブログトップ

2011年10月22日 『伊南川100kmウルトラ遠足』 過酷な旅の始まり!

<第3章>

順調にペース配分を守って走るじゅんこは、独走中です。
しばらく、(遅れた)まりこ&さやかのレポートをお楽しみいただきます。

b0217035_233529.jpg



わたしたちが、第一位の選手とすれ違った30km地点からは、「伊南川100kmウルトラ遠足」の最初難所「沼田街道」に入ります。ここは、国立尾瀬公園の山道ですので、走ることは禁止されています。紅葉が美しく、地面を埋め尽くした色とりどりの葉っぱが柔らかく、とても気持ちの良い道です。「じゅんちゃんは走りたくなっちゃっただろうな~」なんて考えながら、一歩一歩前に進みます。

最初の林道を抜けると、目の前が開けてあたり一面にピンクやオレンジの紅葉が広がる場所に出ます。この景色には、みんなしばしうっとり。携帯カメラではその魅力の半分もお伝えできないのが残念です。

b0217035_23354392.jpg



こうした美しい景色に囲まれ、山が得意なまりこはどんどん元気になっていきます。そして、次第に遅れるさやか・・・。ここから孤独な旅が始まりました。

しばし遅れたところで、一人旅を決意したさやかは、じゅんこ作のコース案内図w/想定タイム、高低差、距離マップを見ながら、今後について頭に入れます。山道は、6.4km続くこと。その先には、次のエイド沼山峠休憩所があること。高低差は約600m、そしてこれまでコースには5km毎に距離表示があったから、次のエイドに付くまでの間に「35km」という表示があるはず。

b0217035_23361621.jpg



想定タイムでは、6.4kmを65分となってるけど、この速度は無理だとしてもなんとかがんばろう!と心に誓います。

しかし、山道を奥に進むにつれ、川辺の道かれも離れてどんどん坂は急になっていきます。すでに体力消耗しているさやかは、気力も失いそうになり、後続の人たちに「ごぼう抜かれ」てしまいました。

そこからは、まわりにも人はいない本当のひとり旅。おまけに、雨まで降り出してきました。
雨着のフードを被っていると、周囲の音が聞こえなくなるので、突然背後にいらした方にビックリしたりしながら前に進んでいましたが、行けども行けども「35km」地点の表示がありません。地図上ではたった3cm程度のこの沼田街道、もうどこにいるのかも、あとどれくらいなのかも判らなくなってきていました。「そうだ、きっと山道で標識を立てるのが大変だから、35km表示はないんだ!だから、あとちょっとかもしれない」と思いながら進んでいくと・・・ありました。35km地点。ここからまだ1.6kmもあります。

まだか・・・と思いながら、歩き続けます。もう、どのくらい時間がたったのかも、時計を見る元気もなくなったころ、ふと山道が開けて、少し先に拍手で迎えてくれている人たちが見えます。

「エイドだぁ。。。」

と思って、もう1度瞬きをしたところで、拍手の手は消え、かわりに大きな笹の葉が揺れているのが見えました。あれ?今のは応援してくれている人たちじゃなかったの?あれ?わたくしなんか変なもの見えちゃった?

さやかは疲れで幻想が見えてしまったようです。「大丈夫かな?」と思いつつも、誰も話相手もいません。しかたなくまた歩き始めます。

出るのはため息ばっかり。でも、不思議とやめたいとは思いませんでした。さやかの今回の目標は、フルマラソン距離は完走完歩すること。そこを目指して、1歩1歩歩き続けました。

山道は、一人だったのを良いことに、何度「もうやだ~」とぼやいたことか。。。山の神様ごめんなさい。

(つづく)

<第3章終わり reported by さやか>
[PR]
by piece_of_earth | 2011-10-28 23:38 | レポート
line

究極ランナー・アスリート・冒険家たちのDo Good!を応援!


by piece_of_earth
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31