アスリート・冒険家たちの"Do Good"を応援します。

poesjnm.exblog.jp ブログトップ

<レポート>8月20日(土) 第8回リスクマネジメント講習@神宮外苑

豪雨とともに肌寒いほどまで気温が下がった週末でしたが、
第8回リスクマネジメント講習会を無事に開催できました。


今回のゲスト講師は、アドベンチャーレーサーのワッキーこと和木香織利さん
b0217035_17433196.jpg

- - - - -
伺ったお話は、パタゴニア・エクスペディション・レースhttp://www.patagonianexpeditionrace.com/indexjp.php)を中心とする、アドベンチャーレースでの「大変だったこと」

【アドベンチャーレースとは・・】
男女混合の複数人でチームを組み、山・川・海などの大自然を舞台に、トレッキング、マウンテンバイク(MTB)、カヤック、シュノ―ケリングなどの競技を行いながらチェックポイントを通過し、チーム全員でゴールを目指すレース
1日~1週間とレース時間が長く、夜間行動を伴い、装備の工夫やチームメイトとのコミュニケーションがゴールへの鍵を握るのが特徴

【いろいろな大変だったこと】
・眠気
・低体温症
・道具の故障
・体調の変化
・チーム内の意見の衝突
・乾いた衣類のキープ
・自分に合った食糧を把握
・アレルギー対策
・十分な水分がない場合
などなど、ワッキーのみならず、井上真悟さん、参加者の山体験、アドベンチャーレース体験などから、色々なお話が出た中でちょっと身近に感じたものを2つピックアップ。

①乾いた衣類のキープ
アドベンチャーレースでは、海や川に入ることは当たり前。しかし、濡れた衣類をそのままにしていると体温とともに体力が奪われます。そのため、睡眠をとる際には必ず乾いた衣類に着替えることが不可欠とのこと。

鍵を握るのは、再度行動開始する際に”濡れた衣類を再度着込む勇気”にあるそうです。我慢できずにそのままレースを続け、乾いた衣類がなくなると、体力の回復が大きな影響を与え、ハードなレースであればあるほどゴールが遠のくとのこと。同時に素材選びも重要。乾きやすい素材のものがいいですね。靴は水はけの悪いゴアテックスは避けるそう。

日常に照らしてみると、たとえば非常用袋に簡単な着替えなど入れている場合、ジップロック等に入れ直して万全の防水体制にしておくのはいかがでしょうか?

②自分に合った食糧を把握
極限の状態になると、体が受け付ける食べ物が決まってくるそうです。ワッキーはジェル等も大丈夫だそうですが、井上さんは後半になるとオレンジジュースしかダメになるとか。

アルファ米など、購入したはいいけど味見してないままにしてませんか?日常で受け付けがたい食料を、負荷がかかった状態で体がすんなり受け付けるかわかりません。レース用でも、非常用でも、機会があったら事前に試してみて、どうせなら味も知っておいたほうが安心できますよね。


この日、ご参加いただいた皆様が、歩いて/走って/自転車に乗って、浮かせて寄付してくださった交通費は全部で6,340円でした。後日、Wanpaku Dream Projectへ寄付させていただきます。

- - - - -
【Wanpaku Dream Project】 (http://www.wanpakudream.com/w/

子どもが元気になると、大人も元気になる。
そして、町が元気になる。


”言いだしっぺ”の3名(間宮邦彦さん、和木香織利さん、佐藤佳幸さん)が中心になって、宮城県の南三陸町の方々及び活動に賛同した全国の仲間と共に進められている「町を元気にするプロジェクト」

1)MTBメーカーから、支援物資としてMTB提供を受ける
2)提供されたMTBを組み立てるお仕事を、南三陸町の自転車屋さんに依頼することで雇用を創出
3)MTBを貸し出すことで、子どもたちの通学の足を確保
4)その後のMTBメンテナンス等を依頼することで継続的な雇用へ繋げている
5)現在、MTBが地域活性につながる方法を模索&実行中
 その1:子ども達にMTBの楽しさを知ってもらうためのスクール開催
 その2:仮説住宅建設等でなくなった子どもの遊び場を提供
 その3:2011年で第17回目となる予定だった「たつがねMTB大会」の復活 (http://www12.plala.or.jp/tatsuganemtb/

3月の震災後から幾度となく南三陸町に足を運び、現地の方々と一緒に相談しながら進めているからこそ、一歩ずつ着実に成果を上げているこのプロジェクト。町との二人三脚を実現しているWanpaku Dream Projectを、これからも微力ながら応援していきたいと思います。
- - - - -

ワッキー曰く、「アドベンチャーレースは自分への挑戦であり、精神的にも肉体的にも成長ができる。同じコース(コンディション含め)は存在せず、思ったとおりにいくことはマレ、そのため完璧なレースにはなり得ない。だからこそ挑戦し続けることが楽しい。」

挑戦する気持ち、忘れないようにしたいですね。


ワッキー、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

reported by のりこ
[PR]
by piece_of_earth | 2011-08-22 18:14 | レポート
line

究極ランナー・アスリート・冒険家たちのDo Good!を応援!


by piece_of_earth
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30