アスリート・冒険家たちの"Do Good"を応援します。

poesjnm.exblog.jp ブログトップ

<レポート> 6月14日(水) 第1回ワンパク報告会 @駒沢大学

歌津MTBプロジェクトの発起人、Wanpaku Dreamさんの報告会に行って来ました。
------
6月4日に開催された「アタカマクロッシング報告会&チャリティーパーティー」にご来場いただいた方々のご好意により集まったチャリティー金、そして皆さんが書いてくださった色紙を、「歌津MTB Dream Project」の発起人であるWanpaku Dreamさんにお渡ししてきました。
☆アタカマ報告会にご出席くださった皆様、チャリティーにご協力いただき本当にありがとうございました。☆

b0217035_1921097.jpg


Wanpaku Dreamの発起人の皆さんは、MTBプロフリーライダー、アドベンチャーレーサー、スポーツ・アドベンチャーカメラマンで元アドベンチャーレーサー、という、全員私達のリスクマネジメント講習に講師としてすぐにでも来ていただきたい方々ばかりです(お一人は既にいらしてくださいました)。

震災を機にプロジェクトが始まった経緯や、現状、そしてどのようなヘルプを必要としているかなど、南三陸町歌津地区の写真などを見ながら説明してくださいました。

とにかくスピードが求められるとのこと。被災地が必要としている支援は刻々と変わっているそうです。現に、Wanpakuさん達の当初の企画と現地のニーズは日数の経過と共にマッチしなくなっていったそうです。そこで彼らのすごいのは、すぐに状況に応じて臨機応変に方向性を微調整していくところです。

その結果、プロジェクトの規模はどんどん大きいものになり、また長期スパンで考えていかなければいけないものとなっていきました。

歌津地区では16年間MTBの大会が行われていたそうです(たつがねMTB大会)。
Wanpakuさんたちは、なんとかその大会を復活させるべく、日々奮闘されています。

大会がまた開催されれば、雇用も生み出されるでしょうし、地元に活力を与えるきっかけとなるかもしれません。

また、地元の小学生の通学の足として、放課後の笑顔のきっかけとして、MTBを提供しようともされています。

目標を現実のものにするためには、とにかく多くの人の力が必要なのだそうです。
様々な分野のスペシャリストに自分のできることを生かし、手を貸して欲しいとのことでした。

子供達に興味を持ってもらえるものを提供し、教え支えたり一緒に遊んであげることはとっても喜ばれるんだそうです。これは、私達piece of earthの今後の活動のヒントになるな~・・・などと考えながら、みなさんに感化されなんだか熱くなりつつ帰途につきました。

reported by まりこ
[PR]
by piece_of_earth | 2011-06-16 01:34 | レポート
line

究極ランナー・アスリート・冒険家たちのDo Good!を応援!


by piece_of_earth
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30