アスリート・冒険家たちの"Do Good"を応援します。

poesjnm.exblog.jp ブログトップ

5月8日(日)第4回リスクマネジメント講習@神宮外苑

さわやかに晴れたゴールデンウィーク締めくくりの日曜日(母の日!)
走って浮いた交通費を被災地義援金へ Transportation on Foot(TOF) 第4回目のリスクマネジメント講習は瀬ノ尾敬済選手を講師に迎えて

- - - - - 

都心部は快晴!今日は、大人9名 キッズ5名 (スタッフ除く)最も沢山の方のご参加をいただきました!講習は時間がないけれど、、、とランニングの合間にお寄りいただき、「電車賃分のチャリティー」に参加いただいた方もいらっしゃいました。中野区から走ってきてくださったランナー男性の方、ありがとうございました。

講習会は、まずは集まったメンバーの自己紹介と「どこから走って/歩いてきたか」、「安全に到着したが、帰路で想定されるリスクについて」を発表しながらなごやかに始まります。毎回ご参加いただいている、ジュニアランニングクラブのキッズとお母様や、初めて参加される方、年齢層の幅もあり、様々な意見が飛び交いました。

雰囲気もほぐれてきたところで、本日の講師、大陸横断ウルトラランナー瀬ノ尾敬済選手のワイルドなランナーとしてのご経験をお話いただきます。

b0217035_21392041.jpg


瀬ノ尾選手は、アメリカ大陸横断レース5000KM、オーストラリア大陸2400KM、ヨーロッパ縦断4500KMの距離を走り抜いた強者ランナーです。そんな、瀬ノ尾さんのお話を地図に距離を記載しながら伺います。走ってきた距離を、地図上で図示できるなんて、本当にすごいです。

でも、そんな強者瀬ノ尾選手も、アメリカ横断レースに挑戦したきっかけは、大学時代の挫折経験が理由でした。もともとはブラスバンド部に所属していた瀬ノ尾選手、ひょんなことから中学時代に陸上競技を始め、そこからめきめきと成績をのばしていったそう。高校時代は、県大会での活躍や、神奈川県育ちだったため「大学対抗箱根駅伝」には思い入れが深く、大学に入って駅伝で活躍することを夢見ていました。ところが、大学の駅伝部に揃ったメンバーは、だれもが全国レベルのランナーたち。ここで瀬ノ尾さんは駅伝を走ることができず、この経験をバネに発想をかえてアメリカ大陸横断を決意しました。

何故アメリカ大陸横断だったか?それは、そもそも箱根駅伝が開催されることになったきっかけは、 "アメリカ大陸横断の選考会会場"としてだったからとのこと。箱根駅伝は走れなかったけど、大陸横断を実現することで何かを掴みたい、と考えてのスタートでした。

アメリカ横断レースは、砂漠では800M毎に(!)500MLのペットボトルを2本飲み干してしまう位の熱さと乾燥と戦いながら、時には4000M(富士山より高い!)の山を越えて71日間走り続けて無事に完走を果たしました。快挙。

ここから、大陸縦断のランが始まります。気合いで完走したアメリカの次は、単独オーストラリア大陸縦断。ここでは、充分準備をしたにも関わらず、現地での想定外の気温などのトラブルに見舞われ、対処しながらのランが続きました。オーストラリア横断では、自身ですべての食料、飲料、寝袋などの物資を運ぶ必要があったため、ランニング用のベビーカーを押しながらの60日間でした。


そして、2008年のヨーロッパ縦断では、これまでの長距離連続走行の経験を生かして瀬ノ尾選手はある作戦をたて、結果として総合2位という好成績でレースを終えました!その作戦とは、「レース中に、足腰作りをしながら走る」というもの。そのため、レース中盤まではペースをあげず、連続で走れるための足ならしとし、後半に充分身体が慣れたところから勝負にでました。60日間のランで、疲れがどんどん溜まっていきそうなところ、30日目までは「アップ」のように走る。。。参加者からはどよめきの声が起こりました。

b0217035_2210950.jpg


でも、強者ランナーもレース中に考えていることは、1)怪我をしないこと、2)楽しむこと、3)食べる(栄養補給をすること)。これは、大陸横断ランナーにも市民ランナーにも共通する大事なことです。

瀬ノ尾選手は、大変な距離を駆け抜けている若きランナーですが、話をしているその姿は実にさわやかで、自分と戦いながら数ヶ月も走り続けるランナーのようには見えません。お酒もお好きなようですし(!?)参加者は、そのギャップにも魅了されました。

瀬ノ尾選手の話をうけ、主催者の井上真悟さんからも、怪我なく、無理なく、自分が関心を持って続けれられることを行い、そしてその活動を自分のため+人のためにいかしていこうというお話をいただきました。

最後はみんなで記念写真撮影。

b0217035_2224021.jpg


今回のチャリティー総額は、7100円でした。沢山のお気持ちありがとうございます。こちらは、明日モンベルのアウトドア義援隊に責任を持って届けます。

次回は、5月21日(土)
先日講師をいただいた、アドベンチャーランナー、樺澤さんによる山での講座です。
次回のみ、場所が変わります!詳細は別途このブログでお伝えいたします。

■次回講師・アドベンチャーランナー樺澤さんのブログ:
http://www.adventure-runner.com/

■発案者・ウルトラランナー井上真悟さんブログ:
http://motto77777.blog51.fc2.com/

reported by さやか
[PR]
by piece_of_earth | 2011-05-08 22:28 | レポート
line

究極ランナー・アスリート・冒険家たちのDo Good!を応援!


by piece_of_earth
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30